正しいシャンプー法

シャンプーの方法は意外と間違って行われていることがあるようです。
正しいシャンプーによって薄毛対策など、髪の毛が元気になるといわれています。
もちろんシャンプー剤やリンスの質も大切ですが、シャンプー方法もしっかり覚えておきましょう。


まずシャンプー前に軽くブラッシングをしてゴミを取るようにしましょう。
頭皮の血行もよくなり、絡みも取れます。
そこで今度はちょっと熱めの湯でシャンプー剤を付けずに髪を流します。
湿らすというより、流すようにしましょう。
ここでよごれが70%落ちると言われています。
時間的には2~3分はしっかり行いましょう。
今度はシャンプー剤を付けてシャンプーを行いますが、このときに下を向いてのシャンプーは厳禁です。
キューティクルが逆になるので傷付きやすくなります。
逆に上を向いて洗うようにししょう。


泡がたったら指の腹で10本指を使って、大きくつまんでは押し込んでは離すという、もみ洗いをしましょう。
洗うというより、つまみ圧しマッサージをするようなイメージで行います。
ムースやスプレーを使っている人は2度洗い、特にあまり何も付けていない人は1度洗いで十分です。


最後はすすぎですが、シャワーでしっかりシャンプーを落とすようにしましょう。
特にフケ、痒みの予防のためにもしっかり洗いましょう。
時間にして3分は必要になります。
次はトリートメントやリンスですが、養毛や育毛効果のあるもの意外はあまり地肌に揉み込まず、髪の毛だけに付けるイメージで行います。


●外部リンク
傷付いた髪やダメージの残った髪向けシャンプーの通販サイトです > シャンプー 通販